© 2009 pico6. All rights reserved.

日本の伝統

 日本の伝統芸能、能と狂言の鑑賞に行ってきました。場所は国立能楽堂。  東京を離れるにあたり、田舎ではなかなか鑑賞の機会の少ない芸術・芸能に触れておこうと言う企画の一環で、これはWさんにお膳立てして頂きました。  代々木 … Continue reading

© 2008 pico6. All rights reserved.

雪です!ウェザーステーション?

今日は雪です。天気予報が当たりました。昨日庭に設置した怪しげなハイテク風見鶏?が雪まみれです。 実は珍しい商品の実験を始めたのです。アメリカのオレゴンサイエンティフィックと言う会社で出している「ウエザーステーション」と言 … Continue reading

© 2007 pico6. All rights reserved.

桜2007

週末仕事が入って、土曜日は自由時間なし。日曜も予定が詰まっていたが、早起きして近所の公園に桜を見に行った。低めだった気温も急激に上がり、桜も一気に開花。今週がピークかもしれないので、カメラを下げて公園を一回り。早朝にもか … Continue reading

© 2006 pico6. All rights reserved.

ラジコンをIRコントロールに ビットチャーG改造計画

出来立ての赤外線送信モジュールをテストするために、受信機の基板を用意した。IRX2Nと言う超小型の赤外線2チャンネル受信基板だ。赤外線受光素子のモールドをヤスリで削込んで軽量化したが、初めての作業なので随分慎重になって、 … Continue reading

© 2006 pico6. All rights reserved.

赤外線モジュールその2

ボチボチ作業を続けている赤外線コントロールのモジュールがほぼ完成した。面倒なコネクタの配線と、赤外線LEDへの結線が済んで、やっと形になってきた。でもこれではまだ動かない。仏作って魂入れずの諺の通り、肝心のPICマイコン … Continue reading

© 2006 pico6. All rights reserved.

BitChar-G 超小型RC

暫くまじめに仕事をしていて?寡聞にしてRCの事情に疎くなっていた。最近赤外線コントロールのQ-STEERなるマイクロRCカーを知った。それを辿ると数年前にはれっきとしたラジオコントロールの超小型版が有った事が浮かび上がっ … Continue reading

© 2006 pico6. All rights reserved.

赤外線送信モジュール

赤外線を駆使したマイクロ遠隔操作モデルの研究の実践開始。まずは送信機を作成する。赤外線でのコントロールだけならば、2チャネルや3,4チャネルのものでもかなり小型のものが出来る。最近はやりのIRコントロール系のトイラジのコ … Continue reading

© 2006 pico6. All rights reserved.

マイコンプログラマーKit

新プロジェクトを立ち上げるにあたり、いろいろお膳立てが必要だ。今度のプロジェクトはPICと称されるマイコンが主役だ。そのためには自分でプログラミングしマイコンICに書き込んでやる必要がある。マイコンのプログラミングを一か … Continue reading