© 2018 suzuki@ugc. All rights reserved.

6月の庭

6月は梅雨です。
今年は男性的な梅雨?
雨と晴れがはっきり分かれてやってくるようです。
でも下旬の今日この頃は、いつものはっきりしない天気が続いてます。

今年の6月、庭の花たちは元気でした。
あまり種類も多くなく、色目も地味な我が庭ですが、しっかり大株に育った宿根草たちがのびのびと咲いてました。

あるケミラモーリスも古株は10年近く経ちます。株分けしながら我が庭の主役に君臨してます。


主役のもう一人銅葉のペンステモン。品の良いピンクがお気に入りです。



シモツケを今年は強剪定したのですが無事開花、今年の秋もう一度格好良く剪定してあげます。


ラムズイヤーは元気です。車が通る砂利のアプローチもなんのその、柔らかな肌に優しいピンクの装いが癒されます。

今年の春庭の一部を大改造しました。
西側の道路沿いのモッコウバラの垣根を取り払ったのです。
垣根で閉鎖された外観を一新。道路からなんとなく庭の中心が見えるようにしました。
二次的効果で明るくなりました。



梅雨も終盤これからはアジサイの季節です。


ヤマアジサイが日に日に色を鮮やかにしてます。
我が家に増殖中のノリウツギは蕾がだいぶ膨らんできました。
夏に向かって新たな景色が展開します。
大変ですがなかなか庭仕事の手が抜けません。
と言っても私は写真を撮るだけ・・・・
ガーデナーは妻です。
綺麗な庭をありがとう。

コメントを残す

Your email address will not be published.
Required fields are marked:*

*