© 2017 suzuki@ugc. All rights reserved.

実物にも春の兆しが

桜前線は一気に駆け上がり、小淵沢にもやってきました。
庭のフジザクラも遅まきながら開き始めました。

庭木も動き始めてます。
実なる果樹たちの花芽もほころびかけ、ぼちぼち花の形も見えるようになってきました。



梅は満開を過ぎ、次の段階へ進んで行きます。
今年は実が付いてくれると良いのですが、まだ一度も収穫してません。



ユスラウメはちょうど満開。
こちらは毎年小さな赤い実を枝いっぱいつけてくれます。
ほんのり甘酸っぱい実が楽しみです。



アンズは剪定を大失敗。
ほんの数輪申し訳程度に咲いてます。
今年は諦めて、思い切り強剪定して来年に備えましょう。



ジューンベリーはまだ蕾。
でもあとちょっとでほころびそうです。
ジューンベリーは取りきれないほど実がつきます。
鳥さんたちへのプレゼントです。



ブルーベリーもスタンバイ完了。
たっぷり花芽を蓄えて、重そうに枝が垂れてます。
でも花が咲くと・・・ヒヨドリが食べにくるのですね。
まあ摘果しないで済むので良しとしましょう。



こちらはハスカップ。
だんだん木が古くなってきたのでいつまで保つか心配です。
株の更新の時期に来てます。



すぐりの花芽も見えてきました。



これはハシバミの花。
昨秋やっとほんの数粒実りました。
今年はお菓子にできるくらい収穫したいものです。



昨年きちんと剪定したおかげかスモモの花芽はたっぷりつきました。
虫にやられず、病気を寄せ付けないで、たくさん収穫できたら良いのですが・・・



今年も洋梨の花が咲きそうです。
これもなかなか元気に実になるのは難しい。
一個でもいいからちゃんと食べたいものです。

さて美味しい実物の花はこれからが盛りになります。
これが全て実を結んで大きくなったら果物屋さんはいらないのですが、そうは問屋は卸してくれません。
結局食べる果実は買ってこなくては・・・。
まあ花を楽しませてくれるだけでもありがたいものです。

コメントを残す

Your email address will not be published.
Required fields are marked:*

*